転職後に仕事で失敗ばかりする人の為のミスをしてしまう原因と対策

転職後失敗ばかりの自分

せっかく転職して心機一転して新しいスタートを切ったのに、失敗ばかりが続いてしまっている。

そんな悩みをお持ちではありませんか?

 

失敗続きでヘコむ

仕事できない自分が情けない…

もう既に気持ちがしんどい

 

もしそんな不安な気持ちになっているのでしたら、ぜひこちらを読み進めていただければと思います。

あなたが抱えている問題は、実はシンプルに解決することが出来ます。

なぜなら、その不安を持っているのはあなただけではありませんし、転職経験者の多くが乗り越えた問題だからです。

少し仕事に臨む意識を変えただけで解決できることがほとんどです。

 

なぜミスが続いているのかモヤモヤしている

全ての仕事がプレッシャーに感じている

与えられた仕事をこなす自信が無い

 

こういった方は「責任感」の塊です。

真面目すぎるんです。

肩の力を抜いて仕事をできるようになりましょう^^

転職後に失敗ばかりするのは仕方が無いこと

 

転職したばかりで、職場の環境に慣れずに、仕事でも失敗ばかりしてしまうということで悩んでいらっしゃるのであれば、それは仕方がないことです。

誰にでも訪れることだと思ってください。

新しい職場でしっかりと一人前に仕事ができるようになるには、だいたい3ヶ月以上はかかります。

しかもその期間は人によって差が生じます。

ものすごく頑張って休日出勤もして期間を短縮して1ヶ月ぐらいで仕事をマスターするような人もいますが、それは例外です。

大体の人は3ヶ月から半年ぐらいでその会社の雰囲気とか、会社の独特のルールに対応できて一人前の仕事ができるようになります。

転職後にミスを繰り返してしまうということは、そんなに深刻に考えるようなことではないのです。

ただし、仕事でミスをしてしまう原因と対策というのを頭に入れておけば、失敗ばかりしている状態を改善することはできると思います。

次に挙げるような『ミスをしてしまう原因と対策』を頭にインプットした上で業務に臨むようにしてください

 

仕事でミスをしてしまう原因と対策

どんな小さな仕事でも焦らない

 

どうしても、仕事には『小さい仕事』と『大きな仕事』があるとは思うんですが、どんなに小さな仕事でも、焦らずに確実にこなしていくということが必要です。

人は不思議なもので、「難易度は低そうだな」と認識した小さな仕事にはあまり時間をかけたくない生き物です。

しかしそう思った時が要注意です。

そういった時にこそミスが発生しやすいのです。

あなたが気をつけなければいけないのは、仕事に大小をつけたり、優先順位をつけたりすることも重要ですが、特に重要度が低い仕事に対して神経を尖らせるということをしてください。

これで小さなミスを防ぐことができます。

小さなミスを減らすことが出来れば仕事全体のパフォーマンスを上げることができます。

 

一日一個で良いから出来ることを増やす

 

この記事の最初の方でもお伝えした通り、仕事を覚えるまでにはある程度の時間がかかります。

それを念頭に置いた上で、1日に1個で良いのであなた自身がその会社でできることを増やしていってください。

そうすれば、1週間で5個、あなたができることが増えます。

これを1日に何個もできることを増やそうとするからミスが起きているのです。

仕事が覚えられない → 一生懸命、早く覚えよう → ミスが出る

という負のサイクルが起きているのです。

与えられた業務は複数あると思いますが、その中で1つでも完璧にできることを、1日1個増やすように意識して臨むようにしてください。

 

仕事量が多くなったら助けを求める

 

仕事で失敗をしてしまう時は、ある程度あなたのキャパを超えた仕事量が降りかかってきている時であるということを理解してください。

要するに、あなたのスキルの問題ではありません。『量』の問題です。

あなたが常に自分自身との対話を行って、自分のキャパを超えそうな仕事量を抱えているようであれば躊躇することなく、上司や同僚に助けを求めてください。

これは会社のためでもあります。

会社の仕事はあなた一人が行なっているわけではありません。

誰かに相談をすることで、あなた一人でその仕事に当たるよりも、複数人で仕事をにあたったほうが、会社にとっても利益が出る場合がほとんどです。

(それなりの規模の会社ではそれに気付けないから非効率な方法で仕事を進めている場合もあるぐらいです。)

無理をせずに「仕事の量が多くなってきたな…」という風に感じているのであれば、すぐに助けを求めましょう。

それは恥ずかしいことでも何でもありません。

むしろ、その状態を続けることで失敗をしてしまうことの方が、他の人に迷惑をかけてしまう恐れがあります。

 

何でもメモする

 

仕事で同じミスを繰り返してしまう人の特徴として、

『記録より記憶に頼ってしまう』

ということがあるようですね。

要するに、メモを取らない人が多いということです。

仕事ができる人はとにかくメモを取ります。そして、それを見返します。

インプットとアウトプットを繰り返して、体にその仕事のコツやテクニックを染み込ませようとしているんです。

そうすることで、潜在意識の中でも確実な仕事をすることができるようになります。

強く意識しなくても体が動くというような状態を作れるということです。

その状態になると、少しの意識で確実な仕事をすることができるため、仕事の量もスピードもついてくるようになります。

そして、何か思い出したいことがあれば、すぐにメモを見れば分かるような状態にしておく。

自分の脳をいつでもクリアな状態にしておくことができるんです。

そして本気を出す時だけ脳をフル回転させる。

「自分は失敗ばかりしているなー」と思うのであれば、とにかく何でもメモをしましょう。

あなたの記憶に頼るのではなくて『記録』に頼るようにしてください。

 

時間が掛かっても確実な仕事をする

 

ミスを繰り返してしまう人の特徴として、一つの仕事をなるべく早く片付けようとしてしまうことが挙げられます。

あなたにとっても会社にとっても良いことなのですが、特に転職後、まだ十分な時間が経過していない時期には、それはあまり得策ではありません。

あなたは業務の内容を100%理解しているわけではありませんし、同僚のことを十分に理解して仕事を進められるわけではありませんよね。

仕事を効率的に行うことができないと思います。

ですから時間をかけてでもいいので、最初は確実に仕事を終わらせることを意識してください。

とにかく丁寧に仕事をするということです。

焦るからミスを犯してしまうんです。

焦らずに一つの目の前の仕事をじっくりこなしていく。

そうすることで、小さな成功体験を積み重ねていくことができます。

時間がかかってしまって仕事の量をこなせないということであれば、先ほどもお伝えした通り、すぐに上司や仲間に助けを求めた方がいいです。

 

仕事に慣れるまではどれくらいかかる?

一般的な職種であれば、慣れるまでに3ヶ月以上はかかります。

平均して半年ぐらいで職場に馴染んだり、会社のルールに慣れたり、業務の内容を理解して一人前の仕事ができるようになると言われています。

一般的に3ヶ月~半年程は研修期間、試用期間を設けられるのもこれが理由です。

転職直後の時期は仕事になれなかったり、職場に馴染めなかったりすることは当たり前です。

焦る必要はありません。

ここまでお伝えしてきた内容を全て意識して実践することができるようであれば、特に問題なく業務を進められると思います。

ミスばかりをしてしまうとか、仕事ができないかもしれないという風に不安を抱いている人に見られるのは、

 

過去の経験で全てを乗り切ろうとしている

時間に追われている

 

このどちらかの傾向です。

あなたはまだその会社に入って少ししか経っていないわけですから、すぐに助けを求めていいですし、それができるのは今のうちだけです。

これがどんどん時間が経っていくと、なかなか質問しにくかったりしますよ。

後から入ってくる中途入社の人たちや、新卒の社員たちが入ってくるわけですから。

他人に聞けるのは今のうちだけです。

この貴重な時期を逃さずに今の会社で働いていく上での土台を築いてもらえればと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です