転職して仕事についていけない人が辞めたいと思った時の対処法

転職して仕事についていけないと思ったら

転職した後に就いた仕事についていけない方もいらっしゃいますよね。

 

身の程知らずの転職をしてしまったのかもしれない

毎日不安とプレッシャーに押しつぶされそう

もしかしたら、転職しない方が良かったのかも…

 

多かれ少なかれ、転職した後というのは誰でもこういった悩みがあります。

ですから、転職して間もないのであればあなたは何も焦る必要はありません。

転職したばかりで相談する相手がいない場合はなおさら、落ち着いて今の状況を整理するだけでも気が楽になります。

あなたがこれらの悩みを持っているのであれば、ここで挙げる対処法に沿って、自分を客観視してみてください。

実は仕事についていけないということではなく、環境が変わったことによる対応力の問題であることが分かると思います。

転職して仕事についていけない時の対処

転職した後に新しい会社での仕事についていけなくて、自分の転職は失敗したのではないかと思ってしまう時は多々あります。

もしそんな風に思っているタイミングが、まだ転職をして日が浅い場合には、まったく焦る必要はありません。

現時点で自分が置かれているステージをしっかりと理解することで、仕事についていけない状況に対しての対処法は見えてきます。

次にあげる三つのことを理解して正しく対処していきましょう。

 

1.仕事の難易度を客観的に理解する

 

自分の与えられた仕事の難易度を客観的に理解して対処してください。

主観的に判断すると正しい判断が出来ません。

あなたが転職前に抱いていたイメージと全く違う難易度の仕事を振られている場合には、あなたが仕事についていけないという状況以外にも、会社側があなたのスキルを正確に判断していないというミスマッチが起こっている可能性があります。

その場合、今は乗り越えられたとしても、今後また同じような状況が発生してしまう可能性があるということです。

この状況だとこの先、その会社でキャリアを積んでいくということは精神的にも厳しいのではないかと思います。

ですので、今のあなたが発揮できる全ての能力を駆使したとしても、到底こなすことができない仕事の難易度の場合には、それをはっきりと会社側に伝えるということをしてください。

 

2.仕事が自分に向いているか判断する

 

今の仕事が自分に本当に向いているかどうかを判断してください。

前の職場から転職をしてきた時に思っていた自分のこれからの仕事と、今、現実に行なっている自分の業務が本当にマッチングしているかどうかということを冷静に判断してください。

もし自分が得意だと思っている仕事と今の仕事にギャップがあるようであれば、もしかすると、今後同じ会社にいても理想的なキャリアアップをすることが難しい可能性があります。

仕事には必ず向き不向きというものがあります。

それは甘えや逃げではなく、現実的にそういったミスマッチを起こしている可能性はあなた以外の他の人にも同じことが言えるのです。

原稿を読むだけのアナウンサーは向いているけれども、現場を回していくような司会者には向いていない。

そういったこともあるわけですよね。

あなたが今おこなっている業務は、自分自身にしっかりと向いている仕事なのかどうかということを客観的に見てください。

もし自分に合っていないということであれば上司や同僚に相談してみるということを行ってください。

 

3.職場が自分に向いているか考える

 

職場があなたに向いているのかどうかということを考えましょう。

仕事の難易度や業務の内容以外にも、あなたが1日のほとんどの時間を費やすことになる職場環境が、あなた自身に合っているのかどうかはとても重要なポイントです。

人間関係などが、自分の仕事に集中できる環境なのかということを考えてみてください。

あなたが行なっているのは遊びではなく仕事です。

ですから、すべてのあなたの理想が叶うわけではないというのは理解しなければいけません。

ただし、同じ部署や他の部署の人達とのコミュニケーションだったり、業務上発生する連絡・連携の部分で働きにくいという部分があれば、しっかりとそれを理解してあなたが立ち回り必要があります。

単純に能力不足と考える前に

あなたが今、「仕事についていけない」と感じているのは、単純に、能力不足の場合もありますが、それ以外の理由もあります。

一番多いのは、職場での教育不足の可能性です。

まだ転職したばかりのあなたに全ての業務を任せられるほど、その会社の知識やルールなどは身についていないはずなんです。

ですので、その周りの人間、例えば上司や同じ部署の仲間に関しては、その転職者を受け入れるだけのキャパが必要になってきます。

そのキャパが、今の会社、つまり転職先の企業に足りないということであれば、あなた自身が仕事を難しく感じたり、ついていけないと感じるのも無理はありません。

短絡的に考えてあなたの能力やスキルが足りない場合もありますが、それよりも客観的にあなた自身の現状を見る必要があります。

仕事ができないとか、仕事についていけないということを、精神的に病む必要はなく、しっかりと今の現状を周りを見て判断するということが非常に重要になってきます。

転職すべきかどうか悩んだ時に考えること

それでもあなたは違う会社への転職を考えるタイミングが来るかもしれませんね。

今の会社を退職して、違う会社に転職した方が自分らしい働き方や自分に合った仕事に見つかるのではないかと考えるのも、一つの選択肢だと思います。

次のうちのケースのどれかに当てはまる場合には転職を考えてもいいと思います。

給料が妥当かどうか

 

業務の内容に対しての給料が妥当かどうかを考えてみてください。

もし労働時間や業務内容に見合ったお給料を頂いていない場合、転職を考えるひとつのきっかけになると思います。

 

キャリアアップが図れるか

 

転職をした後にあなた自身が本当にキャリアアップを図れるかどうかを考えましょう。

今の会社に入った時も、あなたが希望してこの企業に入ったことになりますよね。

そこでもあなたは仕事についていけないというきっかけをもとに、転職を考えているわけです。

となると、また次の転職先でも同じような問題が発生する可能性があります。

その場合、会社に踏みとどまって頑張れるかどうかというのは、あなたの描いているキャリアに対してその会社をしっかりと利用できるかどうかがとても大きなポイントになってきます。

転職をした後でも、その会社でキャリアアップができるのかどうかという視点は忘れないでください。

 

転職しても後悔しないか

 

単純に今の状態で会社を辞めても後悔をしないかどうかを考えてみてください。

 

仕事にはついていけていないかもしれない。だけど周りの人はとても優しい。

 

などの、人間関係の部分でプラスの要素を考えてみて、転職しても本当に後悔がないのかどうかを考えてみてください。

もし、このままの会社で頑張って、先輩や同僚と良い人間関係を築けたり、今の会社でしかできない経験というものがある場合には、もしかすると転職した後に後悔する部分が出てくるかもしれません。

そういった部分も踏まえて転職をすべきなのかどうかを考えてみてください。

 

転職する場合は冷静に状況判断をする

 

ここまでを通して、色々とお話をさせていただきましたが、転職自体は転職エージェントに連絡をすればいつでも開始することができます。

ですが、転職をする場合は冷静に今の状況を判断してください。

転職活動とは一言で言っても、お金はかかりますし時間もかかります。

転職に踏み切ったところで、次の職場であなたが満足した職場の環境を手に入れることもありますが、そうならない場合もあるわけです。

大事なのは「前の会社にあのまま残っていればよかった」という風に思うことがないような転職をすることです。

あなたがやるべきことは今の会社で仕事についていけない理由をしっかりと探ることだと思います。

今の会社でできることを全て行ってから転職を少しずつ考えてみてもいいのではないでしょうか。

そうしているうちに、今の会社の良いところがきっと見つかるはずですし、もし見つからなかった場合に転職を考えればいいだけのことです。

まずは感情に任せずにしっかりと、冷静に、自分自身を客観視した状態で結論を出してみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です