仕事についていけない…職場の異動が辛くて辞めたいと思ったら。

仕事 ついていけない 異動

「異動した先で仕事についていけないんだけど…」

「難易度高いわ、スピードは早いわでちょっと辛い…」

会社員の人事異動あるあるですよね。

特に今まで自分が行ってきた業務とは関連性の薄い業務であれば、なおさら不安は強くなります。

異動してからは、

 

仕事に行くのが憂鬱

ついていけない自分が情けない

悔しいけど、もう無理かも…

 

精神的にもかなり辛い状態だとは思いますが、ちゃんと対処法はあります。

異動によって、今までの経験則が通じなくなっているだけですし、会社の仕事は一人でやっているわけではありませんから、あなた一人が抱える問題でもありません。

あなたが望んだ異動でなければなおさらです。

これからどんな対処をしていけば良いのか

どんなことに気を付けて業務を行っていけば良いのか

こちらの記事をお読みいただければ大丈夫です。

 

あなたの大事なキャリアです。

異動による不安や辛さを払拭してみてください。

職場の異動で仕事についていけない場合の対処法

職場の異動で仕事の難易度が変わると、なかなか仕事を覚えられなかったり、ついていけなかったりしますよね。

その場合でも、正しいその対処法というものがしっかりとありますので、そちらを頭に入れていただいて、今あなたが抱いている不安や悩みを少しでも緩和してみてくださいね。

 

現在の上司に相談してみる

 

「現在の上司に相談してみる」ということが、シンプルに問題を解決するための一つの方法になります。

きっとあなたは、今の職場に異動してきてそれほど時間が経っていない状況ですから、上司もあなたのことを気にかけているはずです。

 

しっかりと仕事が覚えられるのかどうか

業務はスムーズに進められるのかどうか

 

ということを、いろんな視点で見ている形になります。

あなたが具体的にどんなことに困っていて、どんなことを不安に思っているのかを、素直に上司に相談してみましょう。

その上で、今の職場があなたに合っていないということであれば、以前の部署に戻れたり、同じ部署の中でも、少し業務内容を変えみたりと対応をしてくれる可能性が出てきます。

まずはあなたが純粋に困っていることを上司に相談してみましょう。

 

以前の上司に相談する

 

「以前の部署の上司に相談してみる」ことをしてみましょう。

気を付けなければいけないのは、会社の組織上では、違う部署の上司に何か相談事をするということは、基本的にはあまりやらないほうがいいですね。

部署をまたいだ連携というのは、必ず上司を通すべきものですから。

ですので、あなたと以前の上司に信頼関係が既に成り立っているようであれば、プライベートでそういった相談をしましょう。

その為の場をあなたが設けて、今のあなたの悩みを打ち明けるということをしてみてください。

その上司はきっとあなたのことを心配がってくれて、会社の中でいろんなところに話を通してくれるかもしれません。

 

異動願を出す

 

どうしても今の状態が辛ければ、会社に対して異動願を出してみましょう。

これは最終手段と思ってください。

というのも、従業員から会社側に異動願を出すということに関しては、それが受け入れられるか、受け入れられないかということを抜きにして、会社側からは『従業員のわがまま』と捉えられる場合があるからです。

ですから、先述したように、

 

現在の上司に相談してみる

以前の上司に相談してみる

 

という手段を講じた上での手段になります。

しかもそれは受け入れられるかは分かりません。

今一緒に働いている同僚や、前の同僚に相談をしてみたりもして、どうやっても解決できないような状態であれば、最後の手段として異動願を出してみるということをおすすめします。

くどいようですが、これは最終手段と思ってください。

最初からそれができる前提で動いてはダメです!

 

会社員にとって人事異動は永遠の課題

あなただけに関わらず、会社員にとって「人事異動」というのは、「会社」という組織に所属している限り、永遠の課題になってきます。

特に大きな会社で、総合職として採用された場合には、その人事異動は特定の場合を除いて、全て受け入れなければいけません。

人事異動の辞令の下り方も会社によって様々です。

部署は変わらないけれども、働く勤務地が変わる

勤務地は同じでも違う部署に異動になる

などパターンは人それぞれですし、その会社によって異動の時期もバラバラです。

ですが、どんな場合においても人事異動というのは、会社が必要と判断するならば、あなたにはそれに従う義務が出てきます。

その異動した先での仕事のパフォーマンスや業務の内容によっては、あなたのモチベーションが下がってしまうこともあります。

逆にもっと高いステージで自分を高められる仕事がその異動先には待っているかもしれませんよね。

それはその時にによって様々あるわけです。

あなたがまず理解しなければいけないのは、もし仮にこの会社ではなかったとしても、会社員という立場で仕事を続ける限りは、人事異動というのは常に可能性があるということです。

あなたが職場の異動によって、いろんな不安や悩みを抱えているようであれば、もし仮に転職を行ったとしても、同じような不安や悩みを抱く可能性があるということです。

ですから、しっかりと今の会社でできる対処をし尽くした上で、今後の進退を決めるようにしてください。

その上で退職や転職を考えるのはひとつの選択肢としてはありだと思います。

会社を辞める前に考えるべきこと

これらを考えた上で、今の会社を辞めて、違う会社に転職をするという選択肢を選んだのであれば、転職活動を始める前にあなたには考えなければいけないことがあります。

それは、次に転職をする会社と、自分が描いているキャリアのビジョンが一致しているかどうかということです。

 

転職先が描いているビジョン=自分の理想のキャリア

 

先ほどもお伝えした通り、どんな会社に入っても人事異動というのは発生するわけです。

そうなった時に、職場の異動をしても、会社のビジョンが変わらなければ、進んでいる方向は一緒なわけです。

その方向が、あなたが目指す方向と一致しているようであれば、きっと厳しい職場でも頑張れるはずなんですね。

この部分を大事にして転職先を選んでみてください。

こういったことを第一に考えられる人であるならば、自分のキャリアを大切にしたいと思っている人を欲しがっている企業というのはいっぱいありますから、きっと素晴らしい会社に巡り会うことができると思います。

そして、あなたらしく働くことができると思います。

でも、その会社のビジョンと自分のキャリアの方向性が全く別のところに向いてしまっている場合は、あなたは同じ失敗を繰り返してしまうと思います。

転職活動を進める上でそれがわからないまま転職してしまった場合には、今あなたが抱えている同じような問題に直面する可能性があるということです。

会社を辞める前に、必ずそのビジョンと自分のスキルアップ、キャリアというものを再確認して転職活動を進めることをお勧めします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です