仕事ができない人が会社を辞めるべきだと判断する方法と現れるサイン

仕事ができない人は会社を辞めるべきか

仕事で同じミスが多かったり、なかなか仕事の手順や進め方を覚えられなかったりするけど対処方法が分からないでいる…そんな悩みを抱えるビジネスマンは意外と多いです。

実際、私自身も新卒で入社して3年目ぐらいまではそんな風に思うことは多かったです。

上司に怒られてしまったり、自分のミスによって周囲の同僚に迷惑をかけてしまうことで、

 

もしかしたら、自分は嫌われているのではないか?

 

と感じることさえありますよね。

仕事ができない自分に対しての自己嫌悪が高まると、精神的な苦痛になっていきます。

精神的に不安定な状態が続くと将来に対して不安を感じることも多くなってきます。

この状態に陥ってしまうのは、あなた自身が「自分は仕事ができない」と思いこんでしまっていることにあります。

本当はそんなこと無いのに、必要以上に周囲の人間と自分とを比較してしまうからそうなっているのです。

もしあなたが、今の会社を辞めたいと思っているのであれば、それは間違いです。

判断を誤ってはいけません。

ぜひこちらの記事をご覧いただき、正しい判断をして、あなたらしいキャリアを歩めるようにしましょう。

仕事ができない人は会社を辞めるべきなのか

 

「自分は仕事ができない」と思っているあなたは会社を辞めるではありません。

その判断をするにはまだ早いかと思います。

特に今の会社に入社して3年以内の場合はその判断は時期尚早です。

 

あなたは自分が仕事ができないと思いこんでいるか、もしくは周囲の人間からそう思い込まされている状況にある可能性があります。

いくら給料をもらっているとしても、会社側にはあなたを雇った責任があります。

会社の優先事項は「売上」なので、その目的達成の為に必要な労働力としてあなたを雇ったわけです。

少なくとも、あなたが仕事ができない状態なのであれば、それを教育する義務を負っていると言っても過言ではありません。

 

最初から全ての仕事を早く、しかも正確にこなせる人など誰ひとりとして存在しません。

あなたが「あの人は仕事できるなぁ!」と憧れを抱くような人にも、必ずスランプや仕事ができない時期があったということを忘れてはいけません。

 

その時期が今のあなたに訪れているだけです。

 

ただし、もし本当にあなたが今の仕事や会社に居ることがつらいと思うのであれば、精神的につらいと感じているでしょうから、会社を辞めるという選択肢もあります。

その場合は、正しい判断をしていただきたいと思います。

 

「会社を辞めるべきだ」と判断する方法

 

「自分は今の会社を辞めるべきだ」と判断しても良いタイミングというのは決まっています。

それは「仕事ができない」と思った瞬間ではありません。

 

辞めるべきかどうかを判断する方法、タイミング、考え方をまとめてました。

 

1.会社の人間関係が最悪

 

あなたが起きている間の半分以上の時間を過ごす職場の人間関係が、「最悪の状態だ」と判断するのであれば辞めるべき判断をしても良いかと思います。

あなた一人で解決できる問題ではありません。

露骨にその人間関係が悪いと分かる状態なのであれば、会社の問題です。

もっと働きやすい職場を見つけましょう。

 

2.労働時間と給与が明らかに見合っていない

 

残業時間が長すぎて、おまけに残業代が出ておらず、受け取っている給料と労働時間があまりにも見合っていないのであれば違う職場への転職を検討しても良いかと思います。

あなたの上司や部署の管理責任者の責任です。

しかも会社の体質として問題を是正する機能を持ち合わせていません。

今後も改善の余地がないのであれば、転職を検討すべきだと思います。

 

3.会社のビジョンが自分のキャリアと合わない

 

会社が進んでいる方向とあなたが歩もうとしているキャリアや理想が、あまりにもかけ離れているようであれば辞めるべきだと思います。

会社のビジョンはその会社で実際に働かないと分からない部分が大半です。

入社前は憧れや業界内のポジションを考えていまの会社を選んだ部分もあるでしょう。

しかし、実際に働いてみたら現実は違っていた。。。

 

その状態であなた自身がスキルを身に付けて活躍できる場が用意されそうなら残っても良いとは思いますが、違う会社であればもっと早く自分の理想とする経験を積めることも多々あります。

 

4.労働環境としてのモラルが低い

 

あなたの会社や部署内にパワハラ、モラハラが蔓延しているようであれば、これ以上あなたが今の会社にいる理由はないでしょう。

 

5.心身に危険を及ぼす職場である

 

業務的に危険な作業が多かったり、異常な精神的負荷が掛かるような業務が多いようであれば辞めましょう。

 

「自分は仕事ができない」と感じているのは周囲も一緒

 

あなたが感じている、仕事ができないことからくる劣等感は、なにもあなただけが感じていることではありません。

周囲の他の同僚も少なからず自分の能力に対しての疑問を抱いています。

 

あなたが今の会社に入社して3年以内であれば、あなた自身の今の会社での本当の価値はまだ見いだせていません。あなたも会社も。

多くの会社で新卒社員が「入社3年以内に退職する」ということが起こっていますが、これはかなりもったいない事です。

義務教育を終えて、高校に入り、色んな勉強をする為に大学に入った一人の人間が、社会に出て一人前の仕事が出来るようになるにはそれなりの時間が掛かります。

しかも一人前の仕事が出来るようになるタイミングは、人によって差が出ます。

世の中的にはそれを「勝ち組・負け組」と称することが多いわけですが、私自身、多くの転職経験者や新卒社員を見てきて思うことがあります。

 

3年ではその人の本当の能力値は測れない

 

ということです。

 

最低でも3年以上の月日を一緒に過ごしてみないと分からないです。

本当は仕事ができるセンスと能力を持ち合わせているのに、なかなか頭角を現せない後輩もいっぱい見てきました。

 

仕事ができる・できないの境界線が曖昧

 

そもそも「仕事ができる・できない」という基準が曖昧過ぎるのです。

できる・できないの基準を明確に数値化、言語化出来る人はほとんどいないでしょう。

 

だからあなたは、先ほど挙げたポイント以外のところで悩んでいるのであれば、そんなに自分自身にプレッシャーを掛けなくても良いですよ。

あなた一人がどうかしたところで会社の業績には大きな影響を与えません。

ミスが多いのであれば、そのミスを繰り返さない努力をすれば良いです。

仕事が覚えられないのであれば、少しでも早く、少しでも正確な仕事ができるようになり自己研鑚をすればそれで良いです。

 

この記事を読んでくれているあなたはきっとそれが出来る人だと思います。

「仕事ができないから会社を辞める」という判断をするのは早すぎます。

 

ぜひあなたらしい働き方を模索してください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です