仕事ができない、ミスばかりで辛いと感じる人が転職をしても大丈夫?

仕事ができなくて辛い人の転職

「今の自分の能力で転職をしても大丈夫なのか?」

仕事ができない状態で転職をすることに迷いやうしろめたさを感じることはありますよね。

 

自分自身の不甲斐なさ

周囲からの目を気にしなければいけないのが辛い

一向に仕事ができるようにならない

 

今の自分のままで転職をしても良い結果を生まないのではないか、転職をしても一緒じゃないのかという不安を抱くでしょうが、

どんな場合が転職をしても大丈夫で、どんな場合が転職をしても失敗するのかを分かって行動すれば、必ずあなたにプラスに働きます。

今、どうしても転職するかどうか迷っている方、転職後に上手く仕事がいくかどうか不安な方は、こちらの記事を読んでいただくことで、新しいキャリアを気持ち良くスタートさせることが出来るようになるでしょう。

仕事ができない自分は転職しても受け入れてもらえるのか

 

「仕事ができない…」と自分で感じていたとしても、転職は上手くいきます。

あなたが考えなければいけないのは、今の会社で今後も頑張って業務に向かえるかどうかです。

 

あなたが仕事ができないと感じているのは、

 

自分に合っている仕事では無いかもしれない

過剰に周りの目を気にし過ぎる性格かもしれない

転職後の自分の生活を勝手に妄想しているだけ

 

こんな不安が増幅してきて抱いているからかもしれません。

 

世間は狭いと言われますが、事実、日本国内にはあなたを受け入れてくれる職場はいくらでもあります。

特に現在の日本企業は人手不足が顕著です。

どの企業も人員、人材を探しまくっています。

転職エージェントに人材探しを依頼してもなかなか集まらないという話は良く聞きます。

あなたを欲しがっている会社は、今勤めている会社以外にもたくさんあるということです。

 

どんな理由であれ、あなたが転職に踏み切って本気で転職活動を行えば、採用してくれる企業はあるかと思います。

その上で、あなた自身に何かしらの「転職に有効な経験」などがあれば、さらに有利に転職を進めることが出来ます。

 

有効な経験として認めてもらえるパターン

 

まだ若いあなたには転職出来る可能性が十分にあります。

例えあなたが自分は仕事が出来ないと思っていてもです。

 

そこからさらに、下記のようなアピールポイントがあれば、企業の採用担当者の目を引くことができます。

 

1.分かりやすい実績

 

客観的な視点で、誰が見ても分かるような実績・数字があれば、それはアピールポイントになります。

企業側が重要視するのは、正確に言えば、あなたが優秀な人材かどうかではなく、

 

どんな人物なのかが分かる

 

ことの方が重要なのです。

今の会社での営業成績が良いに越したことはありませんが、それ以前にあなた自身を出来るだけ数値化することが重要です。

 

『社内で成績トップの営業マン』

 

という説明よりも、トップの成績ではなくても、

 

『法人向けプリンターの新規顧客獲得を月に1件は必ず決める営業マンです』

 

という説明をされた方がイメージが沸きやすいですよね。

“社内で成績トップ”という基準の高さが、社内でしか分からない以上、いくら成績がトップでも、社外の人からは正確な評価を得ることが出来ません。

 

つまり、あなたは自分自身が行ってきた業務の結果を数値化するだけで、正当な評価を受けられる可能性が高くなります。

 

2.専門的なスキル・資格の所持

 

あなたが持っている資格があれば分かりやすいアピール要素になります。

誰かしらの第三者の評価を受けているからです。

 

私も大学の時に会計系の資格(簿記etc)の取得に挑戦しようと思いましたが、時間とお金の関係で諦めた経験があります。

今になって取得しておけば良かったと思うことがこれまでの人生で何度もありました。

 

もしあなたが持っている資格があれば十分にアピール出来ますし、これから資格を取得しても遅くはないと思います。

転職を希望する業界が決まっているようであれば、徹底的にその業界分析を行って、どんな人材を欲しがっている業界なのかを知り、それに合った資格を取得するということも有効です。

3.希少な業務経験

 

今あなたが勤めている業界、会社でしか経験できないことがあれば、それは違う会社からすればとても貴重な人材になり得る可能性があります。

私自身は長く映像制作の現場におりましたので、企画から編集までの一切の業務を行うことが出来ます。

そのスキルは、実は映像制作業界にだけ需要がある業務経験ではなく、自社で動画マーケティングを行いたいと思っている会社にとっては、喉から手が出るほど欲しいスキルなのです。

Aという業界では普通でも、Bという業界ではとても貴重な業務経験になる。

もしこういった部分を探すことができれば、あなたを欲しがる会社はいくらでも見つかります。

 

ネガティブな感情がただの思いこみの場合もある

 

あなたが抱いている、劣等感や敗北感、不安はあなたの思い込みの可能性があります。

ここまで読み進められているぐらいです。

きっとはあなたは自分の業務に責任を持って取り組まれていて、手を抜いたことも少ないと思います。

 

だからこそ、「辛い…」と思うわけです。

もしあなたが全力で頑張っている人でないのなら、辛いとさえ思わないでしょう。

 

あまり深く考えずにあなたは与えられた仕事を、一生懸命にやれば良いです。

不安になればなるほど、パフォーマンスは落ちますし、周りの目が気になってきます。

 

あなたの人生は仕事だけではないはずですから、もっと軽い気持ちで臨みましょう。

転職すればあなたの人生が変わる可能性がある

 

その上で、もしどうしても辛くて転職したいと思うのであればそも良い選択肢のうちの一つです。

あなたを欲しがっている企業はたくさんありますし、あなた自身が成長できる場所は他にもあります。

 

現時点であなたは「自分は仕事ができない…」と感じているわけなので、少し後ろめたい気持ちがあるかもしれませんが、あなたの人生はあなたが決めて良いのです。

ある人は自分にストイックに、一つの会社でキャリアを積もうと思っているかもしれませんが、ある人はいろんな会社を渡り歩いて、様々な知識をもって色んな業界で活用しようとします。

 

働き方の形は人それぞれです。

 

“お金を稼ぐ”という目的以外に、あなたが働くことの目的や意味、どうしたいのかを棚卸してみると良いかもしれませんね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です