仕事ができないという理由で会社を辞めても転職は成功するのか?

仕事ができない人が転職で成功するには

今の職場で上手くいっておらず、転職を考える人は多いですね。

自分は仕事ができないのに転職をしても良いのか?

こんなネガティブな気持ちで転職しても成功しないのでは?

もし転職が成功しても不安…

こんな風に思うこともあるでしょう。

ただ、その不安な気持ちを一つ一つ解決していけば、素敵な転職になりますし、転職に成功する人と失敗する人の違いさえ理解できれば、あなたが仕事が出来ないと感じていても大丈夫です!

 

仕事が出来ないけど転職なんてしても良いの?

そんな風に思われている方は、そんなことは一切気にせずに次の一歩を踏み出してみましょう!

 

きっとあなたを欲しがっている企業と出会う事が出来るはずです!

仕事ができないと感じる人でも転職は成功する

もしあなた自身が、「自分は仕事ができない」と感じていても、転職活動を行えば成功する可能性というのはもちろんあります。

というのも、仕事には向き不向きというものがあって、勤めている会社の仕事があなたに合っていない可能性があるからです。

ただし、安易な気持ちで転職活動を始めてしまうと、成功するものも成功しないものになってしまいます。

もし転職を考えるのであれば、次に挙げることをを意識する事が非常に重要だと思います。

転職に成功する人と失敗する人の違い

どんな人でも転職に成功する人と失敗する人に分かれます。

成功する人はどんな会社に行ってもある程度の活躍をして、会社からも認められて評価を得られるという形になります。

そして、どんどんキャリアを積んでいくことができます。

ただ失敗する人は、なかなか自分を欲しがっている企業に出会うことができずに、本当は能力を持っているのに、それを最大限発揮できないということになってしまいます。

ですので、あなたが今理解しなければいけないのは、その転職に成功する人と失敗する人の違いを、しっかりと理解するということです。

「仕事ができないからできるようになるぞ!」と意気込んだり、覚悟を持ったり、無理をして急いでスキルを身につけようということではありません。

しっかりと「転職に成功する人と失敗する人」の違いを認識することで、今の会社を辞めても転職が成功するようになるかと思います。

 

1.自分の理想のキャリアがはっきりしている

 

自分の理想のキャリアがはっきりしているかどうかということが重要です。

これが定まっていればあなたが行う転職は失敗することはないかと思います。

『お金を稼ぐ』という目的以外に、仕事をすることで社会にどんな影響を与えたいのか、自分が社会に対してどんな人になりたいのか、もしくはどんな人のために働きたいのかということが、はっきりしている場合には、どんな転職を行ったとしても成功する可能性というのは高くなります。

これがもし、漠然とした人生設計しか出来ていないようならどんな職場に行っても、中途半端なキャリアを歩むことしかできません。

 

2.必須の条件と捨てる条件が決まっている

 

転職をする上で、あなたが求めている必須の条件と、あなたが持っている条件の中で、これは捨ててもいいなと思える条件が、決まっている状態で転職活動をスタートできるかどうかが重要です。

 

・必ず勝ち取る条件

・妥協しても良い条件

を決めるということです。

 

これがしっかりと決まっていないと、無駄に選択肢を広げてしまって、あなたが転職してその会社に入った後に、実はあなたの望むものが手に入らないということになってしまいます。

それはあなただけではなくて、転職した先の企業からみても不幸なことになってしまいます。

その場合は、あなたと企業のどちらにとっても、転職活動は失敗と言えます。

ですので、転職活動始める前に、今、自分が求めている条件を整理しておくということが必要になります。

 

3.一つの会社に絞らない

転職活動を行うにしても一つの会社に絞らないということが重要です。

というのも、だらだらと転職活動を行う人の特徴として、どこか一つの会社を決めて、その合否を待ってから次の会社を見つけるというような進め方をする人がいますが、それは非効率です。

この場合だと、ズルズルと長い時間をかけて、あなたを求めている企業を探すことになります。

時間がかかってしまっている間というのは、今の会社に在籍するという形になりますので、どんどんストレスが溜まっていってしまう可能性が高いです。

ですので転職をすると決めたら、同時並行で複数の会社をの面接を受けていくことをお勧めします。

そうすることでいろんな会社を比較しながら転職活動を進めることができます。

 

4.今の自分のステージを理解している

 

今のあなたの自分のスキルや能力、持っている資格などの客観的事実から、自分の「市場価値」を理解しているかどうかが大きなポイントになります。

これは仕事ができるできないの違いではなくて、客観的な評価として、あなたがどんな価値を持っているのかを理解するということです。

仕事の進め方は会社によっても違いますし、今の会社ではなかなかうまく仕事が進められないかもしれないけれども、次の会社では全く問題なく仕事を進められる可能性があります。

その中であなたがアピールできるポイントを、転職したい企業の採用担当者に知ってもらえればそれだけでいいわけですから、一番大事なのはそのアピールポイントを、あなた自身が理解しているかどうかということになります。

 

5.自分にも他人にも嘘をつかない

自分にも他人にも嘘をつかない人であるかどうかが最も重要です。

転職活動を進めていくと、自分のPR を行っていく機会が一気に増えます。

その時に、企業の採用担当者であったり、自分の自己分析をする際に、あなたが嘘をつく人間なのかどうかというのは、客観的に見るとすぐわかってしまいます。ばれてしまうんですね。

どんな会社もそんな人を雇いたくはありません。

多くの転職活動をしている人を目にしている採用担当者は、あなたが嘘をついているかどうかは見抜いてしまいます。

仮に、うまく面接をすり抜けられたとしても、転職後に苦しむのはあなたです。

嘘をついたりせずに、等身大の自分を発揮して、アピールして、認められて転職をするということが必要になります。

もしあなたが今できないことがあるのであれば、

「○○はできないんだけれども、△△はできます!」

というようなアピールをすればいいだけです。

出来ないことはこれから克服していきたいです!という風に宣言さえ出来れば、前向きな姿勢として受け取ってもらえます。

ありのままの自分を売り込めるか?ということが一番重要なポイントになってきます。

 

転職後のことは転職してから考えろ!

転職活動を行って、その転職を成功させたいということであれば、

転職後のことは転職してから考えましょう!

今からまだ見ぬ企業で働く自分を想像したとしても何も始まらないです。

まずは考えるよりも行動に移さないと何も変わらないのです。

その為、あれこれと考える前にまずは行動に移していくということが非常に重要なポイントになっていきます。

私もいろんな後輩を見てきましたが、やっぱり、あれこれ考える前に行動をして、

自分できることと出来ないこと

を見つけられる人間が一番成長率が高いと感じます。

それが出来れば、できないことが出てきた時に、人に聞いたり、誰かに助けを求めたりすることができるわけなんですね。

転職活動の場合においても、実際に行動をしてみて、

「今回は○○ができなかった。だから、今度は転職エージェントの方にこんなことを聞いてみよう!」

というようなことを、どんどん繰り返していけば、絶対にあなたを欲しがっている企業様に出会うことが出来るはずです。

 

行動に移すことを地道に続けられるかどうか。

この違いになってきますので、あれこれ深く考えずに、今できることをやることが、転職活動においてはとても重要なポイントになります。

ぜひあなたが望む転職活動にしていきましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です