仕事ができない自分が辛いと感じる人がすぐにできる解決策

仕事 できない 自分

「なんで自分は仕事ができないんだろう…」

「もっと仕事ができるようになるにはどうすれば良いんだ?」

周囲と自分の差を感じることは誰にでもあります。

私も20代の頃は同僚と自分の間にとてつもなく深い溝を感じたことがありました。

 

仕事できない自分が辛い

本当に今のままこの会社に居ても良いだろうか

周りからどんな目で見られているんだろう…

 

一人になると色んな不安が襲ってきますよね。

でも、あなたはもっと肩の力を抜いて仕事をしても良いのです。

その理由をこちらの記事では解説させていただきます。

 

あなたが今後働いていく上で重要なのは「ほど良い『いい加減さ』」なのです。

仕事ができない…そんな自分が辛いと感じる人の特徴

 

仕事ができないと思っている人には必ずその特徴があります。

その特徴さえ知ってしまえば、その改善を行っていくことで仕事が出来るビジネスマンになれる可能性が上がっていくわけです。

今や野球界のレジェンドになりつつあるあのイチロー選手でさえ、常に自分の課題と真正面から向き合い、改善を行っています。

日本が世界に誇る自動車メーカーのトヨタも、常に現場での問題発見に目を凝らして改善を図っています。

人も会社も完璧ではないので、行動して、悪かった点を見つけて、改善することでしか、理想の結果を生まないんです。

自分は仕事ができないと感じている人は、

『とにかく責任感が強い』

という特徴が見られます。

極端な話、自分が仕事でミスをしてしまったら世界が終わるのではないかと思っている人も少なからずいます。

(これは私も若いときにものすごく感じていたことです…)

 

結論を言うと、全くそんなことはありませんし、あなた自身ももっと肩の力を抜いて仕事に向かっても良いのです。

 

辛い感情を払拭する為の解決策

 

もっと肩の力を抜いて仕事をすることができれば、辛いと感じている感情を払拭できます。

これから挙げることを少し意識するだけで、いまの精神的に追い詰められた状況を緩和することが出来ます。

それだけではなく、「確かにそうだな!」と納得感を感じてもらえると思います。

 

向き不向きがあることを理解する

 

仕事には誰にでも向き・不向きがあります。

これはどんな人にも、業界にも、会社にも同じことが言えます。

一流の野球選手がある日を境にサッカーに転向したところで上手くいかないのは分かりますよね?

極端な話かもしれませんが、どんな一流の選手だったとしてもあなたと同じ人間です。

「才能があるのか・無能なのか」という議論の前に、それはそもそも自分に合っていることなのか?というポイントがあることを理解しましょう。

 

完璧主義を捨てる

 

あなたはもしかすると、責任感が強いだけではなくて、「完璧主義者」である可能性があります。

これは自分ではなかなか気付けない部分でもあります。

 

完璧を目指すあまりになかなか行動に移せない

行動に移す前にあれやこれやと考え込んでしまう

 

もしあなたがこんな状態に陥ってしまっているようであれば、もっと自分への自己評価を高くしてみても良いと思います。

自己評価を低くして、ストイックに自分を高めることもとても素敵なことですが、それだと精神的に疲れます。

あなたはあと何年、何十年働くのでしょうか?

もっと長いスパンで物事を考えた時に、自分が仕事を続けられるようにスタイルを変えることも必要です。

完璧主義のスタンスを取ることで精神的に追い詰められるのであれば、意味がありません。

もっと自分へのハードルを低くしてみてください。

そもそも「完璧」という言葉の定義は誰にもできませんので。

 

周囲の視線を気にし過ぎない

 

会社という組織で仕事をしていると、どうしても自分以外の同僚の動きが気になりますね。

特に、あなたが仕事ができないと感じているようであればなおさらですね。

でも、周りはそんなにあなたのことを気にしていません。

結局の所、人は自分のことが一番かわいいのです。

あなたが思っているほど、あなたは見られていません。

 

あなたは自分のことを仕事ができない人間であると感じているかもしれませんが、その一方で、

 

「自分は仕事もちゃんとしていて、成果も挙げている。だからもっと評価してくれても良いのに…」

 

という不満が同じ社内にあることも忘れてはいけません。

これこそが、他人はそんなに自分のことを見てはいない証拠です。

 

ほど良い『いい加減さ』も重要

 

これまで見て頂いた通り、仕事をしていく上ではほど良い「いい加減さ」も重要です。

確かに、仕事=ビジネスの場 であることは間違いありませんし、仕事でミスすることはあまり良いことではありません。

ただ、人間は完璧ではありません。

あなたが「あの人は優秀だなぁ。仕事できるなぁ。」と思っている人でも、必ずどこかでミスをしています。

上司に注意されることもあります。

それがあなたに見えていないだけなのです。

故に、あなたは「仕事が出来ない自分は情けない」ということを思わなくて良いのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です